脱プロパンガス生活。値引き交渉成功 → 最終的に解約しました。

人並みの生活をするには水道、電気、ガスなどのインフラは欠かせないですね。それぞれ価格体制はサービス毎に多少の差はありますが許容範囲の差です。しかし、その中で価格差が最も激しく私たちを悩ませるのがあります。それがプロパンガス。

ではなぜ、それほどの価格差があるのか?プロパンガスの価格設定は自由競争のため、ガス会社の言い値で販売できます。つまり、銭儲け主義のガス会社であれば

高く取れる人からは高く取る

プロパンガスは約80%を輸入に頼っています。輸入してから各業者まで、それから各家庭までの輸送コスト分の差が料金の差と思われがちですが、問題視するほどではありません。以前、近所のプロパンガス消費量がほほ同じ家庭の明細書を見せてもらったことがあります。なんと私が支払っている料金の約半分。自分が2倍も高く払っている事実を知り、そりゃもう驚きました。このページをご覧されている人は、私がそうであったように

  • 「ガス代が明らかにい」
  • 「ガス代を節約したい」
  • 「プロパンガスの代わりがあれば」

とお考えだと思います。実は私、「プロパンガスの値引き交渉に成功」し、さらにはプロパンガスを解約して「脱プロパンガス生活」を満喫しています。そんなことできるの?と思っている人にこそ読んでいただきたいと思います。高い料金を支払っているのは一部の人だけです。直ぐにでも対応しましょう。今回はプロパンガスの裏側をお伝えします。



高いプロパンガス代を払うのは、
主にアパート・マンションなどの入居者

black-forest-village-1538560_1920

先ずは支払っているプロパンガス料金が適正か確認してみてください。

 

・簡単!プロパンガス料金の適正価格診断
プロパンガスは公共料金で無い事をご存じでしたか?

あまりにも高ければ安い会社と契約すれば良いだけのこと。なんですが、契約会社を自分で選べない人もいます。それが、

アパート、マンションなどの賃貸物件の入居者です。

一戸建ての持ち家にお住まいであれば、プロパンガス会社を自由に選択できますが、中には不動産とプロパンガス会社の癒着があります。これは契約時の交渉次第です。

しかし、アパート、マンションなどの賃貸に住むとなると話は変わります。契約をするのは入居者本人ですが、ガス会社を選ぶのは大家さん。新築、中古問わずプロパンガス会社は既に決まっています。良心的な大家さんは別ですが、多くは入居者が払うガス代は他人事です。新築した際に各部屋の湯沸し器などの設備設置、プロパンガスのタンク設置をガス会社に任せます。仮にみなさんが銭儲け主義のガス会社や大家であれば、

プロパンガス設置等の費用を安くして大家さんと契約する。

入居者から多く得たガス代の一部をリベートする。

なんてことは想像に難しくないことだと思います。設置費用を安くしても、入居者がプロパンガス代を多く支払っているので十分に元が取れます。または、設置費用は通常でも毎月リベートを大家に支払うことで双方が得をする訳です。



料金が高いプロパンガスはどうすれば良いの?

hatena-1184896_1280

最近はプロパンガス価格が適正か判断してくれるサイトも複数あります。持ち家の方で不動産との契約上に問題がなければ、比較サイトを参考に見直すことも可能です。

直接交渉

問題はアパマン入居者です。先ず思いつくのが、大家さん、ガス会社へ直接交渉です。しかし、ガス会社を自分だけ変更することは、新たにガスボンベ設置場所などの問題があり現実的に無理です。そうでなくとも、先に述べたようにプロパンガス会社と大家さんとの癒着はあり得ることです。そう簡単に首を縦に振ることはないでしょう。それを踏まえたうえで、

入居者できるだけ全員で交渉に挑む

一人で言っても、「みなさん同じように頂いていますから」などと、さも当たり前の料金と言わんばかりのことを言われます。入居者全員であれば、さすがに大家さんも空室が増えることを懸念して動じる可能性が高まります。特に長らく空室が目立つアパマンは効果があると思います。事前に比較サイトで情報を収集して、出来るだけ多くの入居者へ賛同を募って挑みましょう。全員とまでいかなくても、挨拶する程度の人でもをかけてみましょう。

因みに私は、

  • 比較サイトで「高すぎる」と判断される →  他入居者数名 と料金確認。個別に大家さんへ話をすることに。
  • プロパンガス業者へ交渉 → 業者:「比較サイトは最終的に他のガス会社を紹介するのが目的ですよ」と返答。そんなことは承知です。ぼったくり業者に払い続けるより、納得できる価格の業者へ変更した方がはるかにマシです。早い話が検討違いな返答をするだけで、価格を下げる気はありませんでした。
  • 大家さんへ直接交渉 → プロパンガス会社を変更してもらえないか直訴。一応、プロパンガス会社に確認するとのこと。
  • 後日、値下げ決定。※単価500円以上が100円引き程度…。

こんな感じで、対応はしました程度の値引きでしたが、動きは見られました。やってみる価値はあります。


引っ越し

交渉しても納得できる応えは期待できないと思います。プロパンガス代、家賃などのランニングコストを考慮して、引っ越ししても元が取れる物件を探してみましょう。敷金・礼金がない物件は意外とあります。仮にプロパンガス代が同じでも、家賃が安ければ現状より節約できます。現在の部屋にそれほど愛着や利便性を感じていない人には、一番おすすめの対応です。できれば値下げ交渉なんてやりたくないですからね。

お部屋探しの【door賃貸】
100社の中から一番お得な引越し会社を選べる比較サイト

マイホーム購入

これは極論ですが、「いずれは」とお考えの方であれば良いタイミングです。特に人数の多い家族であれば、プロパンガス代も相当かかります。頭金をそれほど必要としない住宅ローンもあります。頭金をためている期間にどれだけプロパンガス代を余計に支払っているか、一度計算してみてください。



【 達人編 】高額なプロパンガス対策!

white-male-1778164_1920

因みに私はアパート住まいでどうにもできない状況です。というか、状況でした。そうです、今は対策して快適な生活をしています。つまり、

高いプロパンガス会社は解約しました。

その代りに、料理する際にガスが必要なのでカセットコンロを使っています。正直、これで十分です。それまで使っていたガスコンロと比べて不便さは微塵も感じません。パラパラ炒飯をつくる時に中華鍋振り撒くっていますが、火力&安定感ともに満足しています。スペースもこれまでの半分になり、キッチンがスッキリして気持ち良いです。ガスボンベは近所のスーパーやドラッグストア、ホームセンタなどで3本セット約300円で売っています。

dsc_0119
以前使用していたガスコンロに引けを取らないハイパワー火力! ハイカロリー 3.2kW(2,700kcal/h) 一般家庭料理であれば何ら問題ありません。

毎日のように白湯、コーヒーなどを飲み、必ずスープか煮物を料理する程度で約1.5Lを沸かす消費です。このペースでガスボンベ3本使い切るのに1ヶ月ちょっと。冬は水が冷たいので食器類を洗うのが厳しいとお思いでしょうが、暖かい昼の時間帯であれば特に問題ありません。私は昼に1食なので丁度良い訳です。必要であれば食器洗い乾燥機を使えば事済みます。オークションで中古品が最安値は1万円前後でありますし、相場は2万円台です。半年もあれば元が取れる金額です。では、お風呂はどうするか?

自宅で入らないだけで近所の温泉に通って、身体は清潔に管理しています。でも、温泉代を考慮すると高いプロパンガス代を払うのとあまり変わらないのでは?と思いますよね。確かに私が通っている温泉は500円なので、毎日入れば1ヶ月は15,000円です。プロパンガス代MAX13,000円より高いですね。ここでで冷静に考えます。そもそも

  • 毎日、湯船に浸かる必要があるのか?
  • 毎日、体を洗う必要があるのか?

という問題です。年頃の女性は別として、それ以外の人は毎日することではないと思っています。このことに関しては、別のコラムで書かせて頂きます。

夏 → 自宅で常温シャワー&週2回の温泉

冬 → 週2回の温泉のみ ※たまに常温シャワー

これで一般的な清潔感は十分に保てます。いや、ある意味一般以上に清潔です^^ この生活リズムであれば

  • 温泉代500円×10回=5,000円/月
  • ガスボンベ3本=300円/月

合計5,300円で清潔を保て、料理ができて、しかも温泉に入れるので、心身ともに健康というわけです。アパートの狭い浴槽に浸かったところで心地良さはありません。ガス代を考えるとその価値すら感じません。温泉なら広々と足を延ばせて、露天風呂、サウナ、水風呂付き。しかも、温泉という大自然の恩恵にあずかることができるなんて贅沢この上ない生活です。毎日のように自宅で湯船に浸かろうものなら、プロパンガス代は13,000円/月を超えます。これなら贅沢な温泉に毎日入った方が有意義です。これはあくまでも「達人?」ということで参考程度に。

●全国47都道府県の銭湯 → 「銭湯・奥の細道(東北の銭湯巡り)

●温泉 or  銭湯 で検索 → 「googleマップ

日常生活で消耗している多くは、メーカーが消費者に使わせるために、あの手この手を使って宣伝している物です。それを無意識のうちに見たり聞いているだけで、それを使うのがあたりまえになっています。今使っている物は本当に必要なのか?プロパンガスに限らず、改めて必要なもの不要なものを判断する良い機会になればと思います。

 

まとめ

  • 他入居者(理想は全員)と団結して、ガス会社・大家さんへ交渉する
  • ガス代の安い物件へ引っ越しを検討する。
  • ランニングコスト、快適さを考慮して、マイホーム購入を検討する。
  • 世の中の仕組みを理解して、生活の達人になる。

 

 

●簡単!プロパンガス料金の適正価格診断
プロパンガスは公共料金で無い事をご存じでしたか?

 

●引っ越しを検討する

・ お部屋探しの【door賃貸】
 敷金・礼金なしの賃貸特集があります。

・ 100社の中から一番お得な引越し会社を選べる比較サイト
 郵便番号&引越し人数の入力だけで、最短45秒・全国130社の中から無料見積もりができます。

 

●脱プロパンガス生活をする!

・「銭湯・奥の細道(東北の銭湯巡り)
全国47都道府県の銭湯を紹介しています。

・ 「googleマップ
検索で 「温泉」 or「銭湯」を確認。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です