脱プロパンガス生活。値引き交渉成功 → 最終的に解約しました。

人並みの生活をするには水道、電気、ガスなどのインフラは欠かせないですね。それぞれ価格体制はサービス毎に多少の差はありますが許容範囲の差です。しかし、その中で価格差が最も激しく私たちを悩ませるのがあります。それがプロパンガス。

ではなぜ、それほどの価格差があるのか?プロパンガスの価格設定は自由競争のため、ガス会社の言い値で販売できます。つまり、銭儲け主義のガス会社であれば

高く取れる人からは高く取る

プロパンガスは約80%を輸入に頼っています。輸入してから各業者まで、それから各家庭までの輸送コスト分の差が料金の差と思われがちですが、問題視するほどではありません。以前、近所のプロパンガス消費量がほほ同じ家庭の明細書を見せてもらったことがあります。なんと私が支払っている料金の約半分。自分が2倍も高く払っている事実を知り、そりゃもう驚きました。このページをご覧されている人は、私がそうであったように

  • 「ガス代が明らかにい」
  • 「ガス代を節約したい」
  • 「プロパンガスの代わりがあれば」

とお考えだと思います。実は私、「プロパンガスの値引き交渉に成功」し、さらにはプロパンガスを解約して「脱プロパンガス生活」を満喫しています。そんなことできるの?と思っている人にこそ読んでいただきたいと思います。高い料金を支払っているのは一部の人だけです。直ぐにでも対応しましょう。今回はプロパンガスの裏側をお伝えします。



こんな人が高いプロパンガス代を払っている

black-forest-village-1538560_1920

先ずは支払っているプロパンガス料金が適正か確認してみてください。

 

・簡単!プロパンガス料金の適正価格診断
プロパンガスは公共料金で無い事をご存じでしたか?

あまりにも高ければ安い会社と契約すれば良いだけのこと。なんですが、契約会社を自分で選べない人もいます。それが、

アパート、マンションなど賃貸物件の入居者です。

一戸建ての持ち家にお住まいであれば、プロパンガス会社を自由に選択できますが、中には不動産とプロパンガス会社の癒着があります。これは契約時の交渉次第です。

しかし、アパート、マンションなどの賃貸に住むとなると話は変わります。契約をするのは入居者本人ですが、ガス会社を選ぶのは大家さん。新築、中古問わずプロパンガス会社は既に決まっています。良心的な大家さんは別ですが、多くは入居者が払うガス代は他人事です。新築した際に各部屋の湯沸し器などの設備設置、プロパンガスのタンク設置をガス会社に任せます。仮にみなさんが銭儲け主義のガス会社や大家であれば、

プロパンガス設置等の費用を安くして大家さんと契約する。

入居者から多く得たガス代の一部をリベートする。

なんてことは想像に難しくないことだと思います。設置費用を安くしても、入居者がプロパンガス代を多く支払っているので十分に元が取れます。または、設置費用は通常でも毎月リベートを大家に支払うことで双方が得をする訳です。

❶    

next  page  ②  

料金が高いプロパンガス対策!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です