自然塩(天然塩)で歯周病の痛みが消えた

インスタ映え間違いなし!
”女性らしさ” ”上品な華やかさ”を演出してくれる

 

甘いものを食べすぎた...。

奥歯の1本が甘いものを食べすぎると痛みを生じます。冷たい・熱い刺激では問題ありませんが、強く噛むことで痛みが生じます。いつもは甘いものを断つことで直ぐに痛みは消えていました。しかし、今回の痛みは甘いものを断っても一向に消えません。

そこで、約2年ぶりに歯科医行き、歯周ポケットを調べました。痛みのある歯周ポケットの深さは5mmと、放っておけば歯周病が進行してしまいます。

で、今回改めて解ったのは、

歯ブラシを確りしても歯のトラブルは生じる

ということ。

 





 

歯の痛みは簡単に消えた

実際にやって効果があったのが、ミネラルがバランスよく含まれている

自然塩(天然塩)

小指に自然塩をつけて直接痛みのある歯の周辺に少量つけてみました。すると、

直ぐに痛みが消えた!

本当にビックリです。柔らかいものを噛むだけでも痛みがあったのに、自然塩を浸けるだけで強く噛んでも痛みません。凄いぞ自然塩!

自然塩(天然塩)の凄い威力!

 

虫歯、歯周病の原因

毎日しっかりとハミガキする。これはこれで衛生上良いのでやるべきです。また、詳細は後術しますが、糖質主体の食事をした時もしっかりと磨きましょう。しかし、私がそうであったように

毎日、理想の歯磨きをしていも痛みは生じます。

なぜか?それは痛みの主な原因が、

糖質を取り過ぎて体が酸性に偏ることで、虫歯になりやすい体質になる

虫歯に限らず、身体は酸性に偏ることで健康のバランスが崩れます。今回は自然塩を直接つけることで、歯の周辺のバランスが保たれ痛みが消えたわけです。歯茎が引き締まり、しっかりと歯を支えている感じがします。鎮痛効果、即効性には驚きまを隠せません。歯のトラブルで痛み・違和感がある方はやらない手はないです。自然塩(天然塩)を患部に浸けるだけですから。

塩というと高血圧を気にされる人もいますが、大丈夫です。次の記事を参考にしてください。

自然塩(天然塩)毎日10g以上摂取しても最高血圧100mmHg。

高血圧を治す!食事で改善・対策

 

唾液の分泌量が多いと虫歯になりづらい

実は私、歯が全部揃っていて虫歯はもちろん、被せものもなく、治療の痕跡もありません。本人は当たり前と思っていましたが、3件の歯科医から「稀にない恵まれた歯」と褒められました。親に感謝した方がイイとまで言われたほどです。つまりは、虫歯になりにくい体質。その主な理由が、

唾液の分泌量が多い

食事をすると口の中は酸性に傾きます。つまり虫歯になりやすい状態です。その酸性の状態から中世に戻す働きをするのが唾液(唾~つば~)。その唾液の分泌量が人より多いことで、虫歯になりづらい環境ができていた訳です。因みに小学校以来は親知らず以外で歯科医の世話にはなっていません。

日頃の歯のお手入れについて。
そんな訳で、虫歯になりづらい体質だったこともあり、1日に1回歯を磨く程度。30歳を過ぎたころに、奥歯の歯周ポケットが若干深くなってきました。その影響で、奥歯の片方だけが僅かにグラつきます。当初は目に見えて変化はなく痛みもありませんでした。

歯医者にブラッシングや歯間ブラシを使った掃除など指導してもらい、さぼりながらもコツコツやってきました。今でも毎日のように歯周ポケットを掃除して、理想のブラッシングを継続しています。それでも今回は、糖質を過剰に摂取した結果、歯の痛みが生じてしまいました。





 

歯科医は信用できるのか?

今回、歯の痛みが我慢できなかったので、約2年ぶりに行った歯科医に行きました。その時のやり取りです。

歯科医:「歯の痛みはいつからですか?」

私:「甘いものを食べすぎると、しばらくしてから強く噛むと痛みが出る。食べるのを止めると痛みは消える。今回は甘いものを断って1ヶ月以上しても痛みが消えない」

~歯の掃除もかねて歯の検査を行う。~

歯科医:「痛みがある歯の上部に穴が開いています。甘いものを食べると痛むのはそれが原因なので、詰め物をします」

素人目から見ても穴なんか開いていません。しかも、「甘いものが沁みて痛いのではなく、しばらくたってから痛みが生じる」と改めて説明すると、

「甘いものを食べすぎると痛みが出るなんで、面白いですね(笑)」

と言われてしまいました。完全に素人と思って油断しています。歯科医の暴露本でも紹介されていますが、虫歯などの原因は歯を磨かない事ではなく、

糖質の取り過ぎで、体が酸性に偏ること

また、口腔内に残った食べかすの

糖質自体も虫歯菌のエサになる

歯科医の故ウェストン・Å・プライス博士(著書:食生活と身体の退化-先住民の伝統食と近代食その身体への驚くべき影響)の調査により、虫歯など口腔内の病気がない先住民に、小麦粉主体の糖質が多い現代文明の食事を与えることで虫歯、歯周病などが発生したことが解っています。


 

しかし、現代の歯科医たちは利益重視。虫歯の主の原因を丁寧に説明して、注意を促してくれる歯科医は稀です。早い話が、原因を改善するのではなく、症状をごまかす西洋医学なんですね。完治させずに長らく通院させて儲ける。これが王道です。特に駅前の開業医など好立地の歯科医は、家賃、土地の固定資産税など経費がかかるので回収しなければと必死なはずです。因みに今回の歯科医は見事に駅前です(笑)。

「糖質を食べないなんて無理だーっ!」と嘆いている人は、こちらの記事を参考にしてください。➪『桑の葉』の凄い威力!糖尿、高血圧、中性脂肪でも炭水化物(糖質)を摂る。

歯科医に行ったら聞いてみましょう。どうしたら虫歯にならないか?

「歯磨きを確りとして下さい」

この程度のアドバイスしか言わないようなら、縁を切った方が無難です。

 

 

今回は適当に次回の予約を入れて無難に退散しました。もちろん、次回の予約は後日にキャンセル済みです。次回の予約の断り方ですが、「スケジュールを確認して改めて連絡します」といって適当に流してください。

因みに、歯垢、歯石(歯垢が固まったもの)の除去をする歯の掃除は、半年に1回だけ健康保険が適用されます。年に2回行くだけでも、ここぞとばかりにあれもこれもと治療したがる輩がいます。歯科医の口車に乗って、無駄な通院をしないように注意してください。余程の不摂生をしていなければ、半年に1回歯の掃除をしておけば十分です。

いや~しかし、あれほどの痛みがこれほど簡単に消えるとは驚きです。みなさんも歯の痛みがあれば、即効性、鎮痛作用がある自然塩を試してみてください。

 


 


食品レベルの原料で作られた赤ちゃん用歯磨きジェル

自然塩(天然塩)に興味がある人は、こちらの記事も気になるはず。

『桑の葉』の凄い威力!糖尿、高血圧、中性脂肪でも炭水化物(糖質)を摂る。

自然塩(天然塩)の凄い威力!

生理食塩水で透析寸前の慢性肝炎が回復。

自然塩(天然塩)毎日10g以上摂取しても最高血圧100mmHg。





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です