自然塩(天然塩)の凄い威力!

 「減塩・塩分控えめで健康」はウソ!

あらゆる疾患の原因として「塩分の過剰摂取」が問題視されてきました。実際、スーパーなどの売り場では未だに減塩商品が販売されています。
しかし、過剰どころか摂取するだけで有害なのは「精製塩」=偽物の塩
天然ミネラルを多く含んだ自然塩は常識の範囲内で摂取すれば血圧を正常に保つなど体のあらゆる機能へ有効に働きかけます。  ※ → 高血圧の真実

なぜ、自然塩を取り上げたかというと
実は、放射能について調べていると自然塩が被爆に対して効果があると解り、

「健康な人が自然塩を食べれば  もっと元気になるんじゃ...」

と感じた私は、だまされたと思って自然塩を食べ始めました。すると、

「とにかく元気が出る!顔色が良い、よく眠れる、疲労を感じない、力が出る、ヤル気が出る、気分がイイetc.」

やはり自然塩(天然塩)を食べるようになってから体調がイイんです。 おまけに塩辛さもちょうど良くミネラルがあるせいか旨味を感じます。体が欲しがっている成分だけに旨く感じるような味わいです。そのミネラルを化学的に除去して作られた精製塩は95.5%が塩化ナトリウム。自然の摂理からすると

食塩と呼ばれる 精製塩 = 「 偽物の塩 」

ミネラルは殆どありません。自然塩は塩化ナトリウムが80~90%台。残りの約10~20%はミネラルです。

このミネラルが体に非常にイイんです!

どちらが体に良いかはハッキリしています。おまけに自然塩は塩辛さが優しく旨味が感じられます。精製塩とは比べ物になりません。摂取し始めればすぐに効能を体感できます。
5歳の子供が食べる白米へ自然塩を振り掛けたら「うまい、うまいっ!」とアッという間に完食です。子供は正直ですからね。一気に平らげたので本当に旨かったんだと思います。

「自然塩は体に良くて味も良し!」

今回は自然塩(天然塩)についてご紹介します。


なぜミネラルをわざわざ除去するのか?

question-423604_1280

では何故、健康に有効なミネラルを除去してしまうのか?

それを理解するには塩の歴史を知る必要があります。

古来より日本は岩塩がなく、塩は海水から作られていました。

湿度が高い島国のため一部の地域を除いては海水を煮詰める原始的な製造で、

もちろんミネラル豊富な自然塩です。

それでは、精製塩が作られるようになった歴史を確認してみます。

1905年(明治38年)
日露戦争の財源確保のため、塩の専売制開始

1944年(昭和19年)
第2次世界大戦で塩の輸入がストップ。
公益専売制度の機能不全により自家製塩制度が許可

1949年(昭和24年)
アメリカに敗戦後、GHQよる日本弱体化を意図した政策により
塩の民間製造を禁止
専売公社(現:JT 日本たばこ産業)による専売制の復活
この頃から精製塩が製造され徐々に国民に浸透し始める。

1950年代(昭和20年代後半)
流下式製塩法
が開発され、製造量は2~3倍、労力は1/10になる。

ここまでの製造はミネラルがしっかり残っている自然塩が作られていました。

しかし、

1971年(昭和46年)
GHQの政策により的な塩田による製法が廃止。
イオン交換膜方式の精製塩に切り替わる。
イオン交換は元々、工業用塩の製造に使われていた製法でミネラルは除去され塩化ナトリウム99.5%。つまり、大切なミネラルがない塩辛いだけの偽物の塩

その後、廃業事業者がミネラルの重要性を訴え、塩田の復活を求める運動が行われる。その影響で輸入した塩ににがりを混ぜた塩や、流下式塩田を応用化した塩の製造が認められ、自然塩の流通は徐々に回復する。

1985年(昭和60年)
日本専売公社が民営化され、塩はJTに委託。
徐々にではあるが自然塩が自由に販売できるようになってくる。

1997年(平成9年)
専売制が廃止
され、塩事業はJTから財団法人性事業センターに移管。

2002年(平成14年)
塩事業の経過措置が終了したことで塩の販売が自由化
流下式を基本とした製法で海塩が作られ始め、自然塩ブームが起きる。

以上が日本における大まかな塩の歴史。

工業用塩はナトリウムイオンと塩素ナトリウムの抽出が目的。大切なミネラルは除去され塩化ナトリウムが高純度になり、一般的に使われている安価な精製塩は99.5%以上、食卓塩は99%以上が塩化ナトリウムです。
繰り返しますが、高血圧などの疾患の原因はこのミネラルを除去した精製塩です。自然塩は血圧は正常に保ちますし、他の疾患にも有効に働きかけます。生命体に有効なミネラルがある自然塩ですから当然です。常識の範囲内であれば意識して摂取するべきです。

1970年以降に生まれた人は自然塩を摂取したことがない人も多いと思われます。存在すら知らずに精製塩を食べ続けている人も少なくないはずです。外食産業は自然・健康派志向の企業でない限りは精製塩とみて間違いないでしょう。

WHOでは塩分の目標値を5g/1日(2015年)と発表しています。これは精製塩を摂取した場合で自然塩は当てはまりません。私は意識して毎日、自然塩を15gほど摂取しています。特に運動や体を動かす習慣もありませんが、な~んにも問題ありません。周りの人と比べる限り健康体そのものです。自然塩だから。自然塩に切り換えてからは体調が良いのを実感してますし、味も精製塩と比べて旨味を感じられます。夏場は自然塩だけで舐めるほどです。いろいろ健康食を試しましたが、自然塩を食べることが健康を実感するのに一番手軽でした。

精製塩を使っている人は自然塩の値段が少し高いと感じると思います。しかし、一度体感して頂ければそのコストパフォーマンスの高さから、決して高いとは思わないはずです。何かしらの疾患を抱えている人は、先ずは自然塩に変えることをお勧めします。

 

これまでに食べた中で、おすすめの自然塩(天然塩)がこちら。

 

いつでも、何処でも自然塩(天然塩)。気軽に持ち歩けるので携帯用に便利です。

 

国を挙げてまで国民から取り上げた自然塩(天然塩)とは、いったいどれほど凄いのか?次ページへ続く!

☛  NEXT
これが自然塩(天然塩)の驚異的な効果だ!
「塩の種類」
「今回のご紹介」

自然塩(天然塩)の凄い威力!」への2件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます。
      スーパーでも販売していますが品数が少ないと思います。
      この記事を書いたころはAmazonで購入していました。
      「今回のご紹介」へリンク貼っておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です