花粉症が治った。再発なし!簡単にできる花粉症対策、奇跡のスープ。

花粉症デビューしてから、

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ

に悩まされました。その症状が原因で集中力が欠け、

  • 仕事
  • 遊び
  • 食事

など、何をするにも楽しめない!花粉症対策として実際に効果があった食品。でも紹介したヨーグルト、青鯖は効果はありましたが完治には至りませんでした。本当に辛い体験をしましたが、8年付き合った『花粉症』とお別れしました。そうなんです、ある事を実践したら

花粉症が治ったんです!

その後10年以上が絶ちましたが再発していません。



奇跡の黄金スープ

そのあるものとは、

玄米スープ

ラジオパーソナリティでナチュラリストの河村通夫さんが書いた著書「河村通夫の玄米スープ健康法」の中で紹介しいているスープです。

材料

  • 発芽する玄米 1合
    ※ 発芽していなくても効果はあります。でもやはり、どうせなら命あるものを食べたいと思います。
  • 水 1.5L

作り方

  1. 発芽玄米1合をキツネ色になるまで乾煎りする 。
    ※発芽抑制因子「アブシジン酸」の働きを止め、栄養を出しやすくします。
  2. 水1.5Lに乾煎りした玄米1合を投入して加熱  。
  3. 沸騰したら火力を弱火(コトコト煮)にして待つこと約20分
  4. お湯が薄い黄金色になれば完成!  ※ 発芽玄米が水分を吸収するので、スープは約1Lになります。

10年ほど前に読んだきりで、我流になっているかもです。効果は抜群なので安心してください。生ものなので日持ちはしません。冷蔵保管しても1日で飲みきるようにしましょう。残った発芽玄米は塩、胡椒などの味付けだけで美味しくいただけます。もちろん栄養価は白米よりあります。米粒は少し硬めなので、気になる人は煮出す時間を長めにしてください。30分も煮出せば十分ですが、お好みで調整してください。

※必ず乾煎りを!
 乾煎りしないで発芽抑制因子アブシジン酸を摂取するとどうなるか?細胞のミトコンドリアを傷つけ体内のあらゆる機能が低下します。老化が加速するような症状に見舞われます。実際、私は発芽させずに玄米を食べた2~3時間後に体調を崩したことがあります。微熱がでて悪寒と倦怠感に襲われ、半日ほどは生きた心地がしませんでした。玄米スープを作る際は、乾煎り作業を必ずしてください。

参考記事:健康になる発芽玄米の作り方① 【玄米のデメリットの真相 1/2】

玄米スープの栄養・効能

糠(ぬか)の栄養素を取り入れることで、以下の改善が期待できます。

  • 便通が良くなる
  • アンチエイジング・若返り 基礎代謝アップ、中性脂肪抑制
  • デトックス・排泄
  • ガン予防・抑制
  • 記憶改善作用、認知症予防
  • 精神安定化・鎮痛作 ストレス軽減、睡眠
  • 血圧正常化・心疾患予防作用 貧血予防

花粉症・アトピーなどのアレルギー体質改善、女性に嬉しい肌のトラブル改善など、目に見える効果が期待できます。先ず体験できるのは朝の目覚めと便通の良さです。目覚めてすぐに起き上れるほどの体調になります。便秘の人は先ずは宿便が全て排泄されるので驚かないように。私は生まれて初めて、約40㎝切れることなく1本の大便を排泄しました。排泄というより産み落としたといった感じでした(笑)。肌は綺麗になる、気持ちも前向きになる。とにかく体調が良くなるのを実感できる優れもの、それが『玄米スープ』です。

「玄米(糠)の栄養は欲しい!けれど作る時間がない」そんな方には、河村通夫さんプロデュース、自然志向の健康食品『 ぬか玄 』がおすすめです。粉末、顆粒タイプがあるので手軽に糠の栄養を摂ることができます。「ぬか玄」を食べた人のレビューを見ると、

  • 下痢の改善
  • 便が無臭
  • 手荒れの改善
  • 花粉症が治った!
  • 疲れが残らない・朝の怠さがない
  • アレルギー皮膚炎の改善
  • 肌の調子が良い
  • 脱毛の改善
  • 胃腸の改善
  • 生理前のイライラ軽減  etc.

凄い食品ですね。凄すぎて、逆に糠で改善できない症状はあるのか?と思うほどです。スーパーフードと呼ばれる食品はいろいろありますが、『糠』が最強といえます。

 
手軽に「糠」の栄養を摂る!自然派志向の健康食品『 ぬか玄 』


デトックス効果抜群!

効能でも書いたように、排泄などデトックス効果があります。というか強すぎて調整が必要なほどです。実際、私は一時的に毎日玄米スープを飲んで63kgあった体重が半年かけずに55kg(ー8Kg!)まで落ちました。自分としてはベスト体重です。肌も綺麗になり、精神的にも落ち着きを取り戻したのを覚えています。それからはスープではなく、玄米食に切り換えて糠の栄養を取り続けています。

オススメな飲み方

先ずは玄食事の前に米スープ約700mlを分けて飲む。これを2~3日毎日続けて、これまでに溜めた老廃物を排泄させます。宿便が出なくなったら腸が綺麗になったサイン。これで栄養を効率よく吸収できる状態になります。

その後は飲む量を減らす、1日おき、週一など間を空けて飲むように体調に合わせて調整してください。日頃の不摂生をリセットする意味で、一時的に老廃物を排泄させたい時に、必ずいい仕事をしてくれます。デトックス・排泄に関してはあらゆる食品の中でも群を抜いています。

 

他にも「スープの会」主催者の料理研究家・辰巳芳子さんも玄米スープを推奨しています。花粉症に限らず、あらゆる体質を改善して本当の絶好調を体験したいなら迷わず『玄米スープ』です。

 

今回のご紹介

河村通夫の玄米スープ健康法
河村 通夫 (著)
この本を読んだのは「副鼻腔炎」の手術で入院中。病院の図書館で暇つぶしにたまたま借りた本。それまで健康になるために、多くの食品やサプリに栄養を求めていました。その栄養のほとんどが玄米にある事を知り、食生活強いては人生を変えたバイブル本。ナチュラリストの著者が北海道のラジオで玄米スープを紹介。その効果はたちまち話題になり、実際に試して効果のあった人から感謝の連絡、噂を聞いた人から問い合わせの連絡が殺到。電話回線が一時パンクするほどの大反響で、当時のラジオ、新聞、雑誌、TV各メディアで取り上げられるほど。玄米スープの他に、糠の効能・レシピや自然食の素晴らしさなどを惜しみなく紹介している1冊です。

 

あわせて読みたい

花粉症対策として実際に効果があった食品。

健康になる発芽玄米の作り方① 【玄米のデメリットの真相 1/2】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です