日焼け止めの正しい見方、選び方。SPF、PA+?肌、体への影響は?

太陽の日差しがギラギラと、容赦なく照りつける暑~い夏。この時季に欠かせないのが、日焼け防止対策。健康的な小麦色の肌には憧れますが、数年後に肌に現れるのが、

  • シミ
  • くすみ
  • シワ
  • たるみ

日焼けしたくなくても、外の仕事をしている人はもちろん、束の間の外出の積み重でも簡単に肌は焼けてしまいます。20代前半までなら特に気にもしない人もいるでしょうが、アラサー以上の人の多くはリスクを考えると日焼けはしたくないのが本音。

参考記事:紫外線から肌を守る!シミ、くすみ、シワのない美肌を手に入れる。

紫外線はあらゆるもので反射されるので、帽子をかぶっても日影にいても直射日光を避けているだけ。屋外にいる限り、紫外線からは完全に避けられないのが現実です。屋内の日陰でもカーテンを閉めない限りは、反射した紫外線を浴びています。となると、肌の紫外線(UV)対策として先ずやることは、

肌に直接日焼け止めを塗る

いつまでも若々しいキレイで健康な肌を維持したいものです。今回は、紫外線対策に有効な日焼け止めについてまとめました。





日焼け止めの表示、選び方

「数値、+の数が多ければ紫外線(UV)カット率が高いんでしょ」私は安易にそう思っていました。たしかに間違いではありません。しかし、使い用途によっては数値、+の数が多いものを使う必要はないんです。数値の高いものは必然的に高価となります。SPF、PAの意味を正しく理解して、経済的にも無駄がない、自分のスタイルに合った日焼け止めを選びましょう。

まずは理解を深めるために、紫外線の種類を確認しておきましょう。地上に届く紫外線は、紫外線A波(UB-A)と紫外線B波(UV-B)の2種類があります。

紫外線A波(UB-A)
波長が長いため肌の奥(真皮)まで到達します。肌のハリや弾力が失われシミ・シワの原因になります。

紫外線B波(UV-B)
波長は短いですがエネルギーが強いのが特徴。肌の表面(表皮)を傷つけて、痛みがない褐色(サンタン)、火傷のように赤くなる(サンバーン・紅斑)、シミ・ソバカス、皮膚ガンの原因になります。

SPFとは

Sun Protection Factor の略
紫外線B波(UV-B)を遮断
する効果の指標です。

紫外線防御指数」「日焼け止め指数」とも言われます。

たとえば、

肌が赤くなるのに20分かかる人が、SPF30を塗った場合。30倍の紫外線を20分浴びて、ようやく紅斑が認められることを意味します。
つまり、日焼けして

肌が赤くなるまでの時間の範囲内で、
紫外線を遮断する効果が高まる

ということです。

SPF50+の「+」とは
50倍以上という意味。日本ではSPF50以上の能力が認められる場合、「SPF50+」と表示義務があります。上限数値は世界各国によって異なります。

一般的に多い勘違いが、

  • 皮膚が赤くなるまでの時間を、何倍遅らせることができるかの数値
  • 数値1=20分紫外線から耐える。(SPF30→30×20分=600分)

これらはSPFの正確な意味とは異なりますのでご注意を。「wikipedhia:サンスクリーン剤」

 

PAとは

Protection grade of UVの略。
紫外線A波(UV-A)を遮断する効果の指標です。

UV-A防御指数」とも言われます。

SPFが赤くなるのを防ぐのに対して、PAは肌が黒化するのを防ぐ効果があります。日本発祥の分類方式のため、海外ではPPD・PFA値(黒化する最小の紫外線量の、何倍の紫外線量に耐えられるか)で表記されています。以下は、PPD(PFA)値をPA値にした一覧です。

  •    PPD値  2以上  4未満 PA+   (効果がある)
  •     〃  4以上  8未満 PA++     かなり効果がある)
  •     〃  8以上12未満 PA+++  非常に効果がある)
  •     〃    12以上    PA++++極めて高い効果がある)

つまり、PA値は

+が多いほど、肌が黒化するのを防ぐ効果が高い

ということになります。

 

UVAマーク・ロゴ

EU(欧州連合)では「PPD値はSPFの1/3以上必要」という規定があります。SPF30ならPPD値は10以上(PA+++)、SPF50ならPPD値は16.7以上(PA++++)。UV-A防止は、この値以上なければ効果がないというEUの判断です。つまり、UVAマークが表示されていれば、UV-A効果もあると認められた商品になります。輸入品を選ぶときの参考に覚えておくと便利です。

 

SPF、PAそれぞれ役割があります。時間の範囲外では紫外線カットのクリームやローションなどは、汗などの影響で成分効果が弱まることなどもあり、正確なデータがありません。そういうこともあり、マメに塗り直すことが推奨されています。そうはいっても、SPF10でも10倍の効果です。1日の内に1回塗り直せば十分。効果の高いものなら余程汗をかいたりしない限り、塗り直す必要はありません。肌の感覚や鏡を見て「肌へ塗っている感が減ってきた」「色が薄くなってきた」と感じたら塗り直せば大丈夫です。

紫外線カット率が高いと気になるのが、成分の肌への影響。次のページでは、成分が身体へ与えるリスクについてご紹介します。



 ② >

next  page  ☛

・日焼け止めの成分、肌への影響
・天然由来成分の日焼け止め

あわせて読みたい

・紫外線から肌を守る!シミ、くすみ、シワのない美肌を手に入れる。

・太白ごま油が凄い!スキンケア、鎮痛、口臭、薄毛・白髪etc.嬉しい効能がいっぱい。





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です