スマホ老眼の対策・改善。78歳で老眼が治った!その後3年再発なし!33年来の老眼を10日で改善。

老眼と言えば近年に流行っているのが「スマホ老眼」。夕方や週末になると目がかすみものが見えにくくなるといった症状が20代の若年層でも増えています。一般的に老眼(正式名称:老視)とは、
「加齢により40~60代始めで症状が出ることが多い。水晶体の調整が失われることで調整力が弱まり、近くのものを見るのが遅くなったり、できなくなる」
近くのものが見えにくくなり、字の読み書きや手元の作業など老眼鏡なしでは困難になります。そんな厄介な老眼ですが、

45歳から33年来の老眼(老視)を78歳で治した人がいます。しかも自力で!

スマホ老眼にも有効なので、若年層の人たちも必見です。



老眼(老視)を治した本人から聞いた、老眼(老視)の治し方!

 

自力で治した人と言うのは私の父。先日、実家に帰った時に私が記事にした「アルミホイルで肩の関節痛が治った!!」の効果について父と話をしている時です。あきらめていた疾患が思わぬ方法で改善することがあるんだなあと言った会話の中で「俺は老眼をこうやって治したぞ。ブログに書いてみろ。」と、目を動かし始めました。そのやり方は、

目を8(∞)の字に動かす。これを1分ほど1日に約10回。

以上です。

えっ、それだけ!そうなんです。ブログの記事にと話し始めたのでそれなりに期待したのですが、それだけです。父は眼球で∞を描くようにやりましたが、8の字でも問題ありません。本人曰く

  • 3日目には効果があった。
  • それから日々少しずつ近くのものが見えやすくなっていった。
  • 10日目ぐらいで老眼鏡をかけずに新聞の字が見えるようになった。
  • その後は、思い出したらたま~にスレッチする程度。
  • 3年間、再発なし。

眼科医に通ったり、お金や手間暇をかけることもありません。通勤中の電車の中や車の信号待ち、トイレ、風呂など

思い立ったら直ぐにできます。

老眼鏡を

  • 持ち歩く手間
  • 近くのものを見る時にかけたり外したり
  • 人前でかけるのも気が引ける

そんなストレスからは解放されましょう。くれぐれも人前でやらないように^^

 

スマホ老眼。液晶画面による目の疲れを事前に対策する。

主な原因が、

  • 可視光線
  • ブルーライト
  • 紫外線
  • 静電気

これらを浴びることで目、顔にストレスを感じます。因みに私はパソコンで作業をすると時に、SUPER  DESK 8 をセットしたデスクトップでJINS眼鏡 をかけて作業しています。これは最強ですよ^^ おかげでパソコン作業はストレスフリーになり作業効率もアップ。長時間でも快適に作業をしています。

スマホ、パソコン、TVの液晶による目の疲れ...。
原因の『紫外線』『ブルーライト』『可視光線透過率』をカット【JINS

 

以前は2~3時間もパソコン作業をすると目の疲れを感じていました。それが原因で肩凝り頭痛まで生じることも。『JINS』を使用してからは3時間以上パソコン作業をしても全く目の疲れを感じません。パソコンに限らずスマホTVを見る時も活用して、『JINS』歴6年になります。価格が『JINS』の半額ほどの商品を試しました事もありまが、価格相応で効果が感じられず1度使っただけ。どうせ使うなら、確かな効果が感じられる『JINS』を迷わずおススメします。

 

デスクワークに限らず、スマホ、テレビなど、液晶画面を見るときは。スマホしか使わないなら  ☛『スマホ ブルーライトカット フィルム』

 

パソコン、テレビなど大きな液晶画面には   ☛ 『光興業  SUPER  DESK 8』

 

デスクトップのパソコンで『光興業  SUPER  DESK 8』を使っていますが効果抜群です。標準装備してほしいと思うほどの効果。使用してから気が付いたことですが、目だけでなく顔にも感じていた疲労感みたいなものがなくなりました。決して安いものではありませんが、投資に見合った良質なアイテムです。毎日のように長時間のパソコン作業をしている人にはゼーッタイ使ってほしい!実際に使っている私が自信を持っておススメします。

 



 

なぜ、8(∞)の字ストレッチが老眼(老視)に効くのか?

読んで字の如く「眼の老い」。つまり、眼に関わる筋力が老いることで正常に働かない状態になっています。緊張により硬くなったり疲労で衰えた筋肉を、8(∞)の字ストレッチをすることで筋肉が解れて柔軟性を取り戻して正常に働く訳ですね。

老眼のメカニズム

目で近くや遠くのものを見る時に、毛様体筋(もうようたいきん)という筋肉を収縮させています。毛様体筋の動ことで水晶体のピントが調整され、「 遠く ⇔ 近く 」がスムーズに見ることができるんですね。

  • 近くを見る時 → 水晶体が膨らみ厚くなる
  • 遠くを見る時 → 水晶体が緩み 薄くなる

近くを見るためには、緩んで薄くなった水晶体を膨らませて厚くする必要があります。しかし、加齢や疲労とともに水晶体が硬くなり柔軟性を失うと、水晶体を膨らませることが困難になり近くのものが見辛くなるわけです。

早い人は30代半ばで老眼になる人も。自覚症状の個人差はありますが、殆どの人は60歳あたりまでに老眼になると言われています。以前、通院した眼科医で、

「30代後半で視力が1.5ほどある人は物が見える(その分、目を使っている)ので、視力の低い人と比べて老眼になるのが早い」

と聞きました。つまり、理由はどうであれ目に負担をかけた分だけ老眼になるのが早まるという事ですね。視力が良い人は油断しないように注意です。

スマホ老眼

パソコンと比べて液晶画面が近くにくるスマホ。長時間、近くを見続けることで水晶体に負担がかかります。また、水晶体に光を送る量を調整する虹彩筋(こうさいきん)にも負担がかかり以下のような症状が表れます。

・目のかすみ・近くのもの、小さいものが見辛い・焦点が定まりづらい・頭痛、肩こり etc.

確かにスマホは便利ですが「便利は不便」て言いますから...程々に。

 

 

これもおすすめ!目のお悩みを改善する方法

焦点が定まるのに時間がかかる

以前、仕事でパソコンを見過ぎていた時に、「 遠く ⇔ 近く 」を見る時に焦点が定まるのが遅くなった事があります。その時に以下のストレッチで改善しました。

遠くを見る・視点が定まったら
近くを見る・視点が定まったら
※繰り返し

少し時間をかければ焦点が定まる距離から初めてください。慣れてきたら徐々に距離を伸ばしていけばOKです。手の平を顔の前に持ってきて指紋を見る→遠くの看板などの文字を読む、なんてことをやっていました。8∞の字ストレッチと同じように空いた時間に行えば十分です。

 

視力の低下を回復する

小学生の時にどちらか片方でしたが、視力が短期間で1.5  →  0.7まで落ちたことがあります。原因が思い出せないんですが、重い病気とかではなくただの疲れとかそんな程度だったと思います。眼科医にいって教えてもらったのが、

「遠くの山や星を毎日見るように」

言われたとおりに、時間があれば遠くの山と星を見ていました。確か2週間ぐらいで1.5に戻りました。心理的にも自然物を対象にすることをおすすめします。これは子供ほどの回復力ではないにしても大人でも有効です。特に疲れ目の方はお試しください。

 

以前は父が読み書きする際に老眼鏡をかけていた記憶があります。そういえば、ここ最近は老眼鏡をかけている姿を見ていません。老眼を克服した81歳の父がスマホで私の記事を裸眼で読んでいます。本人曰く、

「体の筋肉と同じ。使わなきゃダメになる」

仰る通り、説得力があります。

3日あれば効果を体感できる8(∞)の字ストレッチです。加齢による老眼の方、スマホ老眼の若年層の方は、是非一度お試しください。

 

スマホ、パソコン、TVの液晶による目の疲れ...。
原因の『紫外線』『ブルーライト』『可視光線透過率』をカット【JINS

 

デスクワークに限らず、スマホ、テレビなど、液晶画面を見るときは。スマホしか使わないなら  ☛『スマホ ブルーライトカット フィルム』

 

パソコン、テレビなど大きな液晶画面には   ☛ 『光興業  SUPER  DESK 8』

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です