「冷え症」を治す!食事で改善・対策

夏はエアコンによる冷え、冬は朝晩の冷え込み。年間を通して「冷え性」に悩まされている人は多く、特に女性は一度冷えるとなかなか温まらない人も。これは本人にとってかなり深刻な問題です。実は日々の食事で冷え症を改善することは可能です。しかし、多くの人が温まると思っている食品が、実は体を冷やしてしまうこともあります。今回は冷え性の原因、メカニズムを理解し、冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。






冷え性の原因

coat-15845_1920

冷え性による主な症状として

  • 神経痛
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 関節痛
  • 生理痛
  • 便秘
  • 胃痛
  • 手足の極端な冷え

などなど。その原因として、

  • 食生活の乱れ
  • 過度のストレス
  • 遺伝的要素の関連、
  • 冷房

では、なぜ冷えた空気に長時間触れると体長を崩すのか?一般的に冷え性が多いのは女性。男性と比べて女性は皮下脂肪が付きやすい体質です。脂肪は熱を通しにくいため一度冷えるとなかなか温まりません。男性と比べて血流の多い筋肉が少ないことも原因です。また、夏は暑いからと冷たいものを飲食することで食生活が乱れます。冷え性の原因は外気ばかりではなく、食べるものからも影響されています。

 

冷え性の仕組み、メカニズム

abstract-1588720_1920

職場や施設などでは自宅のように自由に温度調整ができません。暑がりの人と同じ部屋にいる時も、なかなか自分の思うようにはいきません。このように体を冷やしてしまう環境にいる時、体の中で起こっているが自律神経の失調※ストレスなどにより神経機能のバランスが崩れた状態)。身体は外気の暑さや寒さに対応するために、次のように体温を一定に保つ機能が備わっています。

  • 暑い → 発汗して体温を下げます。
  • 寒い → 血管を収縮させて熱が逃げないようにし、筋肉が震えることで発熱して体温を上げます。

しかし、以下のような場合は自律神経のバランスが崩れ、体温調整がうまくできなくなります。

  • エアコンなどで長時間にわたり体を冷やす
  • 過剰なストレス
  • 食や睡眠の生活習慣の乱れ

その結果、手、足、腰などが温まらず冷えている状態「冷え性」になります。また、冷え性の女性には周期的なホルモン変動が多いとされ、更年期障害に至るケースもあります。

❶    

next  page  ② 

冷え性を食事で改善する






この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です