世界に誇る、日本のスイーツ「干し芋」!炊飯ジャーがあれば簡単に作れます。

あまりにも「干し芋」が好きすぎて、今さらながら自分で作ってみました。やってみると意外に簡単で手間もかからない。甘~く、噛み応えがあり、腹持ちのする絶品スイーツが自分で作れたことは嬉しいけど、何よりも市販の商品と比べて安上がりなので美味さ倍増!

しかも、砂糖や甘味料などを使用しない安心・安全の「完全無添加」。天然の栄養価・効能は、毎日食べずにはいられないほど優れています。もちろん外出先に持ち歩いて頬張る訳にはいきませんが、自宅や仲間内で思う存分甘~いものを堪能したい人にとって「干い芋」は最高のスイーツです。しかも”安い・甘くて美味しい・効能が凄い”、「自作の干し芋」おすすめです。


干し芋の栄養・効能

ただ甘くて腹持ちが良いだけではありません。栄養もあり健康面でプラスになる効能が十分にあります。

栄養価

以下が栄養価の一覧です。女性が喜ぶ栄養が目立ちます。その中でも食物繊維が多く含まれ、ビタミン類が豊富でアルカリ性食品に分類されることからも健康に良いとされています。

100gあたり
カロリー/303kcal
脂質/0.6g
ナトリウム/18㎎
カリウム/980g
炭水化物/72g
(水溶性食物繊維2.4g、不要性食物繊維3.5g、糖質66.1g)
タンパク質/3.1g
ビタミンB1/0.19㎎
ビタミンB6/0.4㎎
ビタミンC/9㎎
ビタミンE/1.3㎎
カルシウム/53㎎
鉄分/2.1㎎
マグネシウム/45㎎
葉酸/13μg
亜鉛/0.5㎎
銅/0.3㎎ 他

 

効能

整腸作用

食物繊維が多く含まれているので、便秘、下痢の改善が期待できます。また栄養を吸収する働きのある腸が綺麗になることで、他栄養の吸収率も上がるんですね。日頃の摂取する栄養が良いほど相乗効果は大きくなります。

糖質を気にしている方

糖質66.1gは(=およそ茶碗1杯弱)が気になりますが、食物繊維が多いと血糖値の上昇が緩やかになり急上昇を防いでくれます。とはいえ糖質を摂取するには違いないので、自身の体調と相談しながら楽しんでください。

女性が喜ぶ効能がいっぱい

とくに美肌やむくみは女性にとって気になるところ。甘いものが欲しくなったら「さつまいも」。定番スイーツとして押さえておきましょう。

体を温める

東洋の陰陽五行説ではさつま芋は体を温める『陽』の食品になります。寒い冬の防寒対策、冷え性予防・改善にも一役買ってもらうためにも、意識して食べたいのがサツマイモです。


☛『 さつまいも 』一覧

 

干し芋の作り方

用意するもの

  • さつまいも
  • 炊飯ジャー

 

あると便利です。

レシピ

①材料:薩摩芋、水

今回は画像の3本で作ります。

②両端の先が宜しくないのでカットします。

5合用の炊飯ジャー:薩摩芋3本(画像は2本ですが1本追加してます)に対して、水を約100ml投入。この時に水を入れ過ぎると、柔らかくなりすぎて後の調理が大変です。

④炊飯ジャーで蒸かす。今回は「早炊き」コース約20分。「健康調理」ボタンで時間を調整するときは約20分で調理しています。

⑤蒸かし完了。今回は縦切りと輪切りの2パターンを作りました。

⑥厚さ約5㎜でカット。これはお好みですが乾燥時間にも影響します。5㎜なら2~3日。

⑦カットした蒸かし芋をネットに並べます。重ならないように注意。

「天日干しネット」はカゴが1~4段のもn、コンパクトに収納できるものと色々なタイプがあります。

「天日干しネット」一覧

 

時間にしておよそ30分。あとは日当たりのよい場所で干すだけです。太陽が出ている時間帯だけ干して、夜は湿度が上がり凍結の恐れもあるので屋内に保管しておきましょう。

⑧完成。2日干した状態です。白い部分は糖分。少し硬くなります。

以前、輪切りにした時にネットの中の殆どが胞子状のカビにやられたことがあります。それで今回は実験的に2パターンのカットでテスト。今回は輪切りも問題なかったので、朝夕の湿度が高い時間帯に外気にさらしてしまう事がカビの原因ではないかと推測します。湿度予報をチェックして外出するときは注意しましょう。

因みに市販のような仕上がりにするには、2時間近く低圧で蒸かして約1週間干すします。時間に余裕があって完ぺきを目指すのであればチャレンジしてください。今回の作った干し芋は、干しながら3日かけて全て完食。今回のような作り方では、白くなり始めた2日目が甘味も強くなり食感も程よい柔らかさで一番美味しい!3日目に入ると全体的に硬さが気になります。次回からは、蒸す時に水量を増し時間を延ばして作ります。まあ、今回のも美味しく食べられたので満足です^^



 

自作干し芋の費用

今回は薩摩芋(徳島県産の鳴門金時)3本=430円のみ。関東産あたりならもう少し安くなります。同じ量を市販の干し芋に換算すると、

自作430円 → 市販1,200~1,600円

なんと、

約70%もお安い!

しかも、

贅沢な徳島県産の鳴門金時!

つまり、ほぼほぼ中国産であろう市販の安価な干し芋に対して、約30%の費用鳴門金時の干し芋が作れました。さらに美味しく感じられますね^^

 

やはり嗜好品とはいえ健康面を考えると、

  • 旬の食材
  • 副作用が心配な添加物などが入っていない無添加

それに越したことはありません。お子さんのおやつとしても安心・安全・安価なのでおすすめです。簡単なので是非一度作ってみてください。ハマって食べ過ぎないようにご注意^^

 

「天日干しネット」一覧

 

「保存容器」一覧

 

「乾燥剤 食品」一覧

 

「 さつまいも」一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です